Work in Progress

アラサー女子の日々の記録

着物でミニマリストを目指す

片付けが好きではありません。

なので、できるだけミニマリストに近づきたいと思っています。

にも関わらず、つい新しい趣味を始めてモノを増やし、可愛いものを見つけて衝動買いしてしまう。。そんな自分にうんざりする今日この頃です(。-_-。)

 

現在、私の持ち物の中で特に幅を取っているもの。それは、着物、かばん、登山道具の3つ。かばんは今のところ決心がつかず、登山道具は減らしようがないので、今回は着物の断捨離をしてみました。

日舞のお稽古で使う浴衣と普段着の木綿の着物は対象外としました。また次回。。

 

 

▼今回残すことにしたものたち。

 

まずは正絹の着物。

袷が4枚、単衣が1枚の計5枚。

左のピンクの訪問着はお気に入り。

真ん中、上段の着物は手放すかどうかの瀬戸際で、踏みとどまりました。笑

f:id:ashita_kaoru:20201114165801j:image

 

普段用の名古屋帯も計5枚。

ピンク系が多いですね。
f:id:ashita_kaoru:20201114165746j:image

 

夏用の名古屋帯は計4枚。

これ以上は要りません!
f:id:ashita_kaoru:20201114165727j:image

 

小紋やフォーマル着物に合いそうな名古屋帯

緑色の花模様はお気に入り。でも、あんまり出番ないんだよなぁ。

f:id:ashita_kaoru:20201114165753j:image

 

洒落袋とフォーマル用袋帯

一番左は、この後手放すことにしました。計2枚。
f:id:ashita_kaoru:20201114165732j:image

 

母からのレンタル品。

右のピンクの帯が締めやすくてお気に入り。夏用です。

f:id:ashita_kaoru:20201114165737j:image

 

羽織り5枚。

右から2枚目のピンクは染め替えたい。。

一番左は木綿の羽織りです。雨ゴートを入れるつもりが、うっかり木綿の羽織りを入てしまいました。
f:id:ashita_kaoru:20201114165742j:image

 

 

普段着用に木綿の着物があるので、もう少し減らしても良いかもなぁ。

 

半幅帯とポリの着物は写真撮り忘れました。

 

 

▼手放すことにしたものたち。

 

左が羽織り3枚。右が着物3枚で、内1枚がポリの着物。計6枚。

唐子の黄色の着物や緑の付け下げはお気に入りでしたが、もう似合う気がしません。。

f:id:ashita_kaoru:20201114193149j:image

 

左が名古屋帯3枚と洒落袋1枚。

真ん中が半幅帯2枚。

右が帯揚げ7枚と帯締め2本。

はっきりした色はもう似合いません。。可愛いんだけどね。

f:id:ashita_kaoru:20201114193156j:image

 

手放すものたちは、会社の後輩に見繕ってもらった後にメルカリに出してみようと思います!

 

ここからもう一踏ん張り減らすつもりです。

クローゼットが半分くらいの量になると良いなぁ。

どこまでがんばれるかなぁ。

 

プログラミングを勉強しようと思い立つ

継続は苦手ですが、行動力には自信があります。

今回は、プログラミングを勉強しようと思い立った経緯とこれからの計画をまとめてみました。

 

1. どうしてプログラミングに行きついたの?

これからのキャリアデザインにはパイ型人材となること(複数の強みや専門を持つこと)が重要!と言われるようになって久しいですが、これまでなんとなくしか考えられていませんでした。好きな着物を強みにできないかなぁ、とか、、ふわっと思って行動するのは早いのですが、決断はできない日々。

そんな中、コロナがやってきました。突然、社内のIT化が進み、IT系から転職して、もう数年経つと言うのに、いまだに前職の経験がそれなりに役立ったことに驚きました。こんなに身の回りにIT機器が溢れているのに、ITに疎い人にとっては、まだまだITは身近ではないのだ、と気づかされた瞬間でした。

そこから、強みではないと思ったITでの知見と経験も強みになりうるのではないか、と思い、プログラミングを勉強して、改めてITを強みと言えるようにしようと考えた次第です。(長くなりそうなので、いろいろ略)

 

2. じゃあどうやって勉強するの?

前職ではプログラマーでもエンジニアでもなく、WEBディレクターでした。必要に応じて少しだけコーディングを手伝う、というレベルなので、あまり大したことはできません。しかも、独学に自信がない、、

と言うことで、今流行りのプログラミングスクールを検討し始めました。

プログラミングスクールの第一候補はYouTube で有名なマコナリ社長のテックエキスパート。強制力が働くのは、継続が苦手な自分にはプラス。でも、思った以上に高いし、12月まで空きがない。こんなに人気だと言うことは、競争も激しそう、、もう30代だし、若者たちと無邪気に競い合うことはできません!勉強するならば、みんなと一緒ではなく、計画的にやらねば意味がない。

調べると、フロントエンジニアよりもサーバサイドエンジニアの方が言語の流行り廃りがない、ということがわかりました。ということで、言語を一つ選んで勉強することに。

そして、基本は月額制のオンラインスクールと本で勉強することに。これで、テックエキスパートの80万が10万くらいまでは落とせるのでは。いつでも開始できるし一石二鳥です。その分、PCは奮発しようと思います。iMacを母に譲って以来、会社PCとiPad Proの生活をしていましたが、またMacが家にくると思うと気持ちは高揚します。

 

3. これからの計画はどうなってるの?

まずはPythonから着手することだけは決めました。が、 まだまだ無計画に近いです!笑。久しぶりのMacbookの操作に戸惑うことも多々。PC操作から思い出さねばならないのは痛いですが、「何事も遅すぎることはない」ことを信じ(アラサーですから…)、前向きに頑張りたいと思います。

 

まずは初心表明でした。この後、どこまで頑張れるのか見ものですね。

なろう日記 2020年8月

8月も異世界ものをひたすら読んでいたようです。

完結のもののみピックアップ。

と言いつつ、道半ばでアップします。。もう少し自重しなきゃ。

 

元、落ちこぼれ公爵令嬢です。

https://ncode.syosetu.com/n7529gb/

 

押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが

https://ncode.syosetu.com/n7674gj/

 

私、魅了は使っていません ~地味令嬢は侯爵家の没落危機を救う~

https://ncode.syosetu.com/n1309gg/

 

悪役令嬢だと言われたので、殿下のために婚約解消を目指します!

https://ncode.syosetu.com/n6760gj/

 

私は只の身代わりです〜太陽にはなれない月は、暗闇の公爵を照らし溺愛される〜

https://ncode.syosetu.com/n7879gh/

 

わたし、聖女じゃありませんから

https://ncode.syosetu.com/n2195gj/

 

インチキ聖女と言われたので、国を出てのんびり暮らそうと思います

https://ncode.syosetu.com/n5230gj/

 

この度、私、聖女を引退することになりました

https://ncode.syosetu.com/n2894gj/

 

ふつつかな悪女ではございますが

https://ncode.syosetu.com/n6464gi/

 

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

https://ncode.syosetu.com/n5040ce/

 

令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活

https://ncode.syosetu.com/n0942do/

 

 

---

完結していないですが、特に面白かったもの。

 

左遷された最強賢者、教師になって無敵のクラスを作り上げる

https://ncode.syosetu.com/n0757ey/

 

悪役令嬢に転生してたけど、理想の美女になれたからプラマイゼロだよね

https://ncode.syosetu.com/n4686gj/

 

 

奨学金を繰上返還してみる。

みなさん、奨学金ってどうされているのでしょう。

家のお金のことをいろいろと思案する機会があったので、ずっと気がかりだった奨学金を繰上返還することにしました。

利子は低いと言えど、有利子なので、繰上返還するとしないで10万強の差が出ます。10万と言うと、帯が一本買える、、(笑)

 

ということで、しばらくは大きなお金が動く予定もないし、と思い切ってみました。

こういう話、あんまり得意ではないので見ないふりしてきましたが、気がかりになるくらいなら、さっさと手をつけた方が精神衛生上良いですね!

ようやくスッキリです。

 

さて、繰上返還の手続きですが、WEBサイトでさくっとできました。こんなに簡単ならもっと早くやれば良かった。便利な世の中になったものです。ありがたや。

浴衣ざらい 終了

先日、無事に浴衣ざらいが終了しました。

ようやく終わって、本当にほっとしました。笑

こんな状況の中、いろいろと準備をしてくださっていた先生方、先輩方に心から感謝を。

いつもとは違う寂しさはあれど、とても気持ちの良い会だったのではないかと思いました。

 

日本舞踊を始めて3年と半年。

有難いことに、日本舞踊の舞台に立つのは3回目でした。

1回目は女子5人で「元禄花見踊り」

2回目は一人で「千代の友鶴」

3回目の今回は組物で「末広がり」でした。

一人だと緊張するけど、誰かが一緒だとそこまで緊張しない。これは良い発見でした。

 

f:id:ashita_kaoru:20200812204448j:image

f:id:ashita_kaoru:20200812204452j:image

↑丸く見えるように必死に膝をまげている図

 

先生方の踊りは圧巻で、いつかあんな風に踊れたら良いなぁと心から思う。。

本当に、私の踊りは見なくて良いから、先生方の踊りを見にきて!と声を大にして言いたい。

 

 

最後。

髪結いさんがきれいにセットしてくれました!

記念だー。絶対に自分ではできない。

f:id:ashita_kaoru:20200812204510j:image

 

なろう記録 2020年7月

今年の年始に親友から教えてもらって以降、ほぼ毎日のように貪り読んでいる「小説家になろう」。ライト感がちょうど良いし、読み応えあるものもそれなりにあるので侮れない。これ、無料で良いのだろうか・・と思って、つい出版されている本を買ってしまうこともありました(笑)

 

ということで、7月に読んだものをまとめておきます。と言っても、完結済みのもののみ。まだ完結していないものは載せていないので、安心してください!

これ以外にもKindleでいくつか読んだので、気が向いたら載せてみます。

 

 

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

https://ncode.syosetu.com/n4830bu/

 

バケモノ姫の○○騒動

https://ncode.syosetu.com/n5652ca/

 

払暁

https://ncode.syosetu.com/n4173o/

 

学園騎士のレベルアップ! 〜 レベル1000超えの転生者、落ちこぼれクラスに入学。そして、

https://ncode.syosetu.com/n7942ff/

 

傷心公爵令嬢レイラの逃避行

https://ncode.syosetu.com/n0565fn/

 

屋根裏部屋の公爵夫人

https://ncode.syosetu.com/n9587ek/

 

悪役令嬢になりたくないので、王子様と一緒に完璧令嬢を目指します!

https://ncode.syosetu.com/n0661fd/

 

森のほとりでジャムを煮る

https://ncode.syosetu.com/n4644dh/

 

観賞対象から告白されました。

https://ncode.syosetu.com/n4205bc/

 

魔術学院の恋愛事情

https://ncode.syosetu.com/n0530z/

 

8月も面白い小説が見つかりますように!

 

きもの展

最近、ちまたで話題のきもの展。

コロナ禍で旅行にも行けないし、行ってみることにしました。

事前予約制なので、ちゃんと予約しましたよ!

 

きもの展のWEBサイトはこちら▼

https://kimonoten2020.exhibit.jp/

 

f:id:ashita_kaoru:20200724155048j:image

 

きもの展だけあって、着物を着ている人の多いこと。夏場にこれだけの着物姿を見られるのは良いですね。眼福です。

若い方は浴衣を可愛く着こなしていました。

10歳若かったらああいうのも挑戦したかった…

 

さて展示について。

鎌倉時代?くらいの小袖からスタートし、最後は現代のYOSHIKIMONOまで、幅広く展示されていました。5年前の私ならば、心ときめく着物もたくさんあった気がしますが、ミニマリストに傾倒した最近の私には見て楽しむにおさまるものの方が多かったです。少ないもので着回したい熱はまだ冷めやらず。

 

今回の展示は、着物の色柄やデザインの変遷の紹介という意味合いが強かったようです。音声ガイダンスでも、政策や情勢によってどのようにデザインや技法が変わったのかの説明が多くありました。織田信長って斬新かつ派手好きだったんだな!とか面白い気づきもありました。笑。「織田信長はうつけ、豊臣秀吉は若づくり、徳川家康は伊達」と紹介されていましたが、なかなかのインパクトです。3人の比較はほととぎすだけではなかったのか。戦乱の世とは言えど、みな思い思いの格好をしていたのですね。武士は質素な服装をしていると勝手に思い込んでました。3人並べて比べてみたいなぁ…

 

個人的に、小袖から今の着物の形になったのはいつ頃でなぜなのか、時代によってどのように着付けていたのか、が気になっていたのですが、あまりわからず。私の読解力ではくみとれなかっただけかもですが!きもの展第2弾があるならば、ぜひその辺を詳しく解説をしていただきたいものです。

 

90分制とありましたが、売店での買い物を含めたら2時間弱というところでしょうか。ギリギリOKだよね?

売店で買ったのは、師匠へのお土産です。キャラクターが好きな師はきっと気にいるのではないかと思うが、どうだろう?

 

最後は不忍池で睡蓮を眺めて帰宅です。

今日も穏やかな一日。

f:id:ashita_kaoru:20200724160406j:image